やはり契約が重要!住宅リフォームする人のお役立ちサイト

住宅リフォームを契約するときは関係書類を入念に確認しよう

契約前にすべきこと

住宅のリフォームには、多額の費用が掛かるケースも少なくありません。
また、改修後も気持ちよく暮らすためにも、信頼や実績のあるリフォーム業者に依頼することが大切です

リフォーム工事に際しては「リフォーム工事請負契約書」を交わしますが、そこに至るまでの経緯も見逃せません。
複数の業者から見積りを取ったうえで、もっとも条件のよいところにお願いしましょう。
そのときは、同じ条件で見積り依頼する必要性がでてきます。

住宅リフォームに際して補助金や助成金を受ける場合は、住所地の自治体窓口などで相談することが大切です。
補助金などの種類によっては、指定業者でのリフォームが不可欠になります。

このように、リフォーム業者との契約前にやるべきことが山積みです。
また、業者との契約まで進んでからも、契約には慎重になることをおすすめします。

契約書類は入念にチェック

リフォーム工事をするときは、リフォーム業者と書面を交わす必要があります。
そのときは、契約書に記載されている内容に誤りがないかどうか、しっかり確認することをおすすめします。
着工日や竣工日がきちんと書かれていることはもちろん、工期が納得できるかどうかも大きなポイントになります。

見積書と契約書の金額が合っていることも大切です。
特に、リフォーム見積後に変更があった場合、最新の内容になっているかどうか、しっかり押えておきたいですね。

なお、リフォーム業者との契約は、すぐに行わないことも大事です。
契約書類を借りて帰るか、書類のコピーを取ってもらうなどして、確認するための時間をつくりましょう。
また、契約書類は複数の人でチェックしたいですね。
同居家族がいない人は、親戚や信頼できる友人との相談をおすすめします。


この記事をシェアする